社長の経歴

どんな人物??

中央区日本橋にある不動産会社、サウザンドハンズ株式会社は、お客様の対応を社長がおこないます。どんな人物なのでしょうか。不動産売却・購入は、人生における一大イベントです。サポートしてくれる人がどんな人物なのか、あらかじめ知っておくことが大切です。そこで、社長のこれまでの半生をご紹介いたしますので、その人となりを感じていただければ幸いです。

1986年5月誕生

生まれてから

高校卒業まで

香川県丸亀市出身。乳児の頃の記憶は全くなく、幼稚園に入るちょっと前の出来事が最も古い記憶。ちなみにその記憶とは、同じ団地に住んでいた年上の子の靴を草むらに隠して怒られる、というものである。幼稚園はキリスト教系で、懺悔の間というのがあって、理由は不明だがよくそこで正座をさせられていた記憶がある。年長さんのときに虎の絵を描かないといけなくて、難しすぎて泣きそうになったことも覚えている。最終的に虎の絵を描けたのかどうかは不明。

 

小学校は国立で、指定ランドセルの色が茶色であったが、自分では黒だと思っていた。小学6年までに経験した習い事は、記憶の範囲で、絵画、器械体操、ピアノ、野球、水泳、書道、公文式。一日に3つか4つ習い事が重なる曜日があって、あまりにも激務のため家庭内社会問題となる。今風に言うと「ブラック習い事」である。小学校5年生で、親の仕事の都合で愛知県名古屋市に引っ越す。そして転校先の小学校では、周りが皆ランドセルが黒であったため、初めて自分のランドセルが茶色であることを認識する。「黒って黒いんだな」という名言を残したかどうかは定かではない。また香川県の同級生では、50m走6.9秒くらいが最速だったが、愛知県には6秒前半のやつがいて、世界が広いことを知る。

 

中学はエスカレータ式でそのまま国立中学に入学する。野球部に入部することを決めていたものの、漫画の読みすぎで、弱小野球部を遅れてやってきたヒーローが救うストーリーを勝手に考えて、卓球部に仮入部したあとパソコン部に所属。2年生から満を持して野球部に入部し、一旦レギュラーになるものの、外野ノックの最中に茂みの中にボールを取りにいったチームメイトが、ユニフォームをくっつき虫だらけにして帰ってきた姿を見て必死に笑いを堪えていたら、遠目からの監督にはただふざけていると思われたのか、めちゃくちゃ怒られ、それ以降レギュラーを外され引退。社会の厳しさを知る。その後さらに、内申点という名のモンスターにボコボコにされ、高校受験を挫折する。挫折しながらも、何とか仏教系の男子高に入学する。

 

仏教系の高校では、座禅を組む授業があるのだが、自分の足の構造では座禅が組めないことを知る。また機械体操部に入部していたが、どんなに足をピンと伸ばしていても、ちゃんと足を伸ばせと指導されるのでおかしいなと思っていたら、どうやら足を真っすぐ伸ばしていても、膝が曲がっているように見える足の持ち主であったようだ。これと座禅が組めないことの因果関係は不明。なおプライベートでは、ひたすらサイコロを振りまくるオリジナルゲームを開発して一人で楽しんでいたが、当時のルールを忘れてしまった上に、誰にもそのゲームの存在を伝えていなかったため、再現不能の幻のゲームに。大学受験は、模試を受けるたびに合格判定が悪化していくので、浪人を覚悟したが、奇跡的に現役合格。人生一度は、日本で一番栄えているところで生きてみたいという想いを実現し、東京の大学生となる。

今があるのは過去があるから

大学入学から

現在に至るまで

大学時代はいろいろあった。山手線を歩いて一周していたら、なぜか目の前に東京ドームが現れて絶望したり、ハーフマラソンの出場一週間前に、うまい棒を買いにコンビニへダッシュしたら左膝が壊れたり、成人式当日に車上荒らしに遭ったり。そして就職活動で人生何度目かの挫折を味わう。そして「子供の頃によく地図を描いていた」という理由になっていないような理由で不動産会社を受けて、初内定をもらい。そのまま入社を決める。就職予定は決まったが、卒業に必要な単位がまだまだ足りておらず、結局卒業できるかわからないまま卒業旅行に参加。結果卒業はできたのだが、社会人になってしばらくは、毎週のように「単位不足で留年が決まる悪夢」にうなされる日々を過ごし、すっかりトラウマになる。10年以上経った今でもいまだにたまにその夢を見る。

 

社会人になって、最初は新築マンションの販売をする部署に配属される。そして、「家を買ったことがない人間に家を売れるのか、買う人の気持ちがわかるのか」と自問自答の末、新卒1年目の2月に初めてマンションを購入。そのまま4年間新築マンションの販売業務に携わり、次のステップに進むべく、中古マンションや土地の売買仲介をする部署に異動を志願。私がいた部署から志願した部署への異動は、極端に言えば、リゾート地で遊んでいる人間が、過酷な戦場に出向くようなもので、当時そのような異動希望を出す人間は皆無であったため、恐らく周りからはエイリアンだと思われていたことだろう。

 

新しい部署では、最初からその戦場に配属されていた自分の同期と比較すれば、丸々4年分、経験やノウハウの差があるということであったため、ガンダムのシャアにちなんで、人の3倍のスピードで仕事をこなすことを心掛ける。間違いなくこれまでの人生で最も頑張った期間であった。そして、タワーマンションの売却をよく手伝っているうちに、自分もタワーマンションに住んでみたくなり、中央区のタワーマンションを購入。その後、結婚、第一子誕生といった人生のイベントを経験。そして家族数も増えたため、中央区の別のタワーマンションを購入し、一方でサウザンドハンズ創設を決意し、約12年働いた不動産会社を退職し、今に至る。

こんな社長に ぜひ 相談したい という方は
お気軽にお電話でご連絡ください
03-4400-2397 03-4400-2397
10:00~19:00
Access

不動産売却・購入に関するご相談がございましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

概要

店舗名 サウザンドハンズ株式会社
住所 東京都中央区日本橋1-2-10 東洋ビル5階
電話番号 03-4400-2397
営業時間 10:00~19:00
最寄り 日本橋駅より徒歩1分

アクセス

複数の地下鉄路線からアクセスできる日本橋駅すぐ近くのオフィスです。日本橋駅以外にも、三越前、大手町、そして東京駅からも徒歩圏内です。ご相談の物件所在地は、必ずしも中央区でなくても対応できる場合がございます。日本橋や大手町にお勤めの方で、何かお困りごとなどございましたら、お気軽にご相談ください。
不動産売却・購入以外のことでも、対応できる場合がございます。
  • Instagram
  • Line@
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事